この記事をシェアする!

ツイッターで好評を頂いております、
森本 講師(東京水道橋校)の

『面接対策いろは』

面接指導のエキスパートが、
楽しく分かりやすく、
面接の神髄を伝授します。

全ては、あなたの合格のため。

面接対策いろはの『い』

一番初めに考えてもらいたいことは、「自分は自分自身と働きたいか?」です。

一番知っているはずの自分自身とです。

YESの理由があなたの強みで、NOのワケがあなたの課題になります。

さあ、これから客観的に自分をとらえる自己分析をスタートしましょう。

面接対策いろはの『ろ』

老若男女とは、全ての人を表す言葉ですが、

あなたが携わりたい仕事で幸せにする人は誰ですか?
そのためにしたい事は何で、あなた自身はそれによりどう幸せになりますか?

夢をもってしっかり説明できるようにしましょう。
自分の将来を語れることは大事です。

面接対策いろはの『は』

早口になってしまう人が多いです、面接時に。

早口だと疲れた面接官の意識に入っていけません。
面接での理想的な話のスピードは、30秒で180文字(漢字含む)程度です。

さて、今日の出来事で印象的だったことを180字で書き起こし、30秒で話す練習をしてみましょう。

面接対策いろはの『に』

人間関係が大切になります、仕事では。

そのため採用試験では、あなたがどんな人間関係を築いてきたのかの質問がなされます。

例えば、「グループ活動でのあなたの役割は何?」とか、「嫌いな人との付き合い方は?」などです。
今から付き合い方を訂正するのも有ですよ。

面接対策いろはの『ほ』

本当に伝えたいことは一言にまとめておきましょう。

採用面接はあなたが言いたいことを言うところではなく、面接官の聞きたいことに対し、きっちりと応える場です。

思いが強すぎ故の話し過ぎには気を付けて。

面接対策いろはの『へ』

変な質問が採用面接で飛び出すことがあります。

例えば「あなたの前世はなんですか?」など。

これはあなたの対応力を見ているものですので、楽しんで応えて下さい。
笑顔も忘れずに。

面接対策いろはの『と』

突然雰囲気が悪くなって、応え辛い状態になったなんて話を聞きます。

それは一種の圧迫面接です。

怒鳴られるより、沈黙って怖いですよね。
でも、ストレスを見せず、平常心を表すことができれば面接成功です。

この記事をシェアする!